ジェームス・ハーデンの試合分析

5 11月, 2019
バスケットボールコートにおけるジェームス・ハーデンの素晴らしい可能性と、コート内外における類い稀なカリスマ性が彼の魅力です。「ザ・ベアード(ひげ男)」というニックネームでも知られるこのバスケットボール選手のゲームスタイルについて、いくつかの分析をご紹介しましょう。

ジェームス・ハーデンは、現在NBAに在籍する選手の中でも最高の選手の一人だと言えます。

現在は、NBAのヒューストン・ロケッツに所属し、ポジションはシューティングガードとポイントガードです。

背番号13番をつけたハーデンは、コートのどこからでも、相手のバスケットボールスタイルを見抜くことができる才能があります。

嵐のような攻撃法

巨大な手首を持つハーデンの動きには敏捷性が備わっているため、相手チームが彼を止めにくくする効果があります。

彼の攻撃パターンのレパートリーは幅広く、彼の繰り出す絶妙なクロスオーバーによって敵の防御をすり抜ける姿は、注目に値します。

リーグに所属するディフェンダーは、ハーディーのプレイを常に研究していますが、ほとんど邪魔される事なくシュートを打つことができるため、彼のステップ・バックシュートは「エレガント」だと形容されています。

ジェームスハーデンの試合分析:高得点を獲得

ディフェンス力の問題点

ジェームズ・ハーデンの「アキレス腱」と海外で皮肉を込めて呼ばれるのが彼のディフェンス、つまり防御力です。

ジェームス・ハーデンは、自分が所属するチームに様々な効果をもたらしたのは間違いのない事実ですが、試合での防御面におけるチームへの貢献には問題があると言わざるを得ないでしょう。

偉大な選手であり、リーグで最高のオフェンス選手である事は誰もが認める事実ですが、攻撃力と防御力は比例していないどころか反比例していることがあります。

ジェームスハーデンの試合分析:防御力の弱さ

ハーデンがバスをする時には、より正確に行った方がいいと考える人が多くいます。

衝動的な行動をする傾向があるため、チームメイトのサポートを行う時には、より丁寧に試合を進めるべきでしょう。

彼の手から出るパスの数と、バスケットボールのゴールを通るボールの数をしっかりと考えるべきです。

ヒューストン・ロケッツは、ディフェンス力を強化しようとも考えているようですが、シーズンの優勝を目指すのであれば、ハーデン自身がディフェンス力を強化するべきではないでしょうか?

 

チャンピオン:ジェームス・ハーデン

ヒューストン・ロケッツに移籍後の2014年には、シックスマンとしての役割を遂行しました。

ジェームスハーデンの試合分析:優勝を目指して

2017年、ロケッツと2022-23シーズンまでの4年で1億6900万ドルの契約延長を結び、残っていた契約と合わせて契約金の総額はNBA史上最高額の、6年で2億2800万ドルとなりました。

ハーデンは自分が率いるチームでの優勝を目指しています。

ヒューストン・ロケッツは優勝するために何が必要となるでしょうか?

おそらく、ハーデンとともにチームを率いる選手となると、クリス・ポールの名前が上がりますが、金額的に可能かどうかはわかりません。

ジェームス・ハーデンのためには、ディフェンス力の高い選手を追加することが大切ですが、それと同時に、ハーデンは「ゴールにボールを入れること」にばかり集中しないように気をつけることも大切です。

ディフェンス力が高まれば、シーズン優勝を目指すことができるでしょう。

前回もシーズンの終わりには、ハーデンは5回目となるAll-NBA First Teamと、MVP賞のファイナリストに選ばれました。