ゴルフの虎:タイガー・ウッズ物語

15 6月, 2020
タイガー・ウッズは、国際的に人々がゴルフを見る視点を変えた選手であり、多くの人が彼をゴルフ史上最高の選手の一人だと考えています。

タイガーウッズを知らない人はいますか?

近年のゴルフ界において、タイガー・ウッズは多くの人の記憶に残る最高の選手の一人ですが、タイガー・ウッズの活躍について詳しく知らない人も少なくはないでしょう。

今回の記事では、タイガー・ウッズの活躍の始まりから、成績、そしてプレースタイルについてお話しします。

タイガー・ウッズ伝説の始まり

エルドリック・タイガー・ウッズは、1975年にカリフォルニアで生まれました。父親はアール・ウッズで、アジア系の祖先がいるアフリカ系アメリカ人です。母親であるクンティダー・ウッズは中国系のタイ人でした。幼少期から、人がタイガー・ウッズのゴルフへの情熱に気づくほどで、 2歳ですでに、ゴルフクラブを持ち、ボールを打っていました

タイガー・ウッズの父親であるアール・ウッズは、ベトナム戦争でグリーンベレーに所属した軍人でした。ベトナム戦争中に、彼の仲間の兵士にグエン・フォンという名の兵士がおり、アールはフォンに、「タイガー」というニックネームをつけました。フォンは、アールの命を救いました。この兵士に敬意を表して、アールは息子に「タイガー」というニックネームを付けました。このような素晴らしいニックネームのおかげで、タイガー少年の運命は素晴らしい未来へと繋がっていました

 

ゴルフの虎:タイガー・ウッズ物語 スイングをするタイガーウッズ

20歳になる前のアマチュア時代、タイガー・ウッズは、全米ジュニア・アマチュア選手権、全米アマチュア選手権で、それぞれ3連覇を達成しました。1996年、21歳のときにプロになることを決意して、華々しいデビューを飾りました。プロ転向からわずか3か月で、2つのプロトーナメントで優勝しました。

1年後、その年の最大のトーナメント4つのうちの1つであるオーガスタ・マスターズにタイガー・ウッズが参加したとき、すべてのゴルフファンは開いた口がふさがりませんでした。タイガー・ウッズは、メジャーで優勝した最年少のゴルファーとして、現在でもその地位を保持しています。

ウッズは、再びタイトルを獲得するために3年待たなければいけませんでしたが、ゴルフ界全体における革命を起こし始めました。

タイガーウッズが獲得したタイトルの数々

2000年、ウッズはその年の4つのグランドスラムのうち3つを獲得しました。これは1953年のベン・ホーガン以来、誰も破ることができなかった、47年ぶりの偉業でした。そのシーズン、彼は全米オープンで大活躍し、それまでの記録を打ち破りました。また、セントアンドリュースでの全英オープンと、全米プロゴルフ選手権でも優勝しました。

2001年には、オーガスタ・マスターズで優勝しました。同じ年には4つのグランドスラムをすべて制覇することはできませんでしたが、2年にまたがりグランドスラムを達成し、4つのグランドスラムを達成した唯一の現役ゴルフ選手となりました。

タイガー・ウッズは、これまでにゴルフの世界に大きな影響を与えてきました。ゴルフの歴史は、タイガーウッズ以前とタイガーウッズ以降の時代に分けることができます。

たとえば、1997年にはマスターズの優勝賞金は 50万ドル以下でしたが、2005年の優勝者は、1,000万ドル以上の賞金を獲得しました。

父の死から無期限の欠場まで

2006年はタイガー・ウッズにとって良い年ではありませんでした。この年には、タイガー・ウッズの父親が亡くなりました。さらに彼は、初めてマスターズに出場することができませんでした。

しかしそれから3年後、プレジデンツカップに参加し、個人としてだけでなくチームの一員としても優れていることを証明しました。プレジデンツカップは、アメリカの選抜チームとヨーロッパを除く世界の選抜チームが対戦する大会です。

2009年、タイガー・ウッズは、フロリダで自動車事故を起こし、背中に複数の怪我を負いました。その怪我のため、しばらくはトーナメントに参加しませんでした。また、不倫を妻に知られてしまい、無期限のツアー欠場を表明しました。これは、家族との生活に集中するためでした。

2010年4月、彼はマスターズに復帰し、グランドスラムよりも小さなトーナメントで優勝しました。 2018年には競技に正式復帰し、2019年のオーガスタ・マスターズで優勝しました。

タイガー・ウッズの素晴らしいタイトルのまとめ

タイガー・ウッズはキャリアを通じてグランドスラムであるメジャー選手権で15回優勝しました。優勝18回の記録を持つ通算獲得ランキング歴代1位のジャック・ニクラスに次ぐ、歴代2位です。

ゴルフの虎:タイガー・ウッズ物語 ボールを打つタイガーウッズ

タイガー・ウッズは、オーガスタで行われるマスターズ・トーナメントで5回優勝しました。(1997年、2001年、2002年、2005年、2019年)

全米オープンでは3回優勝(2000年、2002年、2008年)、そして全英オープンで3回優勝しています。(2000年、2005年、2006年)

全米プロゴルフ選手権では4回優勝しています。(1999年、 2000年、 2006年、2007年)

さらに、彼はブリヂストン招待選手権(WGCフェデックス・セントジュード・インビテーショナル)で8回優勝、キャデラック選手権(WGCメキシコ選手権)で7回優勝、チャンピオンシップツアーで3回優勝、そしてWGCマッチプレー(WGCデルテクノロジーズ・マッチプレー)で3回優勝しました。タイガー・ウッズはまた、フェデックス・カップで2回優勝した唯一のゴルフ選手です。

カリフォルニア出身のタイガーは、PGAツアーで82回の優勝と、トップ10に入る競技大会で184回優勝しました。UCサーキットでは、年間優勝回数10回(1997年〜2013年)で、常に首位を走りました。ヨーロッパツアーに関しては、彼は40回優勝しました。

  • CNN en español. Tiger Woods en 2019: el renacer de la leyenda estadounidense del golf. Diciembre 2019. https://cnnespanol.cnn.com/video/tiger-woods-2019-renacer-entrevista-don-diddell-golf-deportes-pkg-cnnee/
  • El País. Tiger Woods, la oscura historia detrás del golfista excepcional. Septiembre 2019. https://tn.com.ar/deportes/hazanas/tiger-woods-la-oscura-historia-detras-del-golfista-excepcional_995777