パドルテニス:ラケットの基本グリップについて

1 3月, 2020
パドルテニスの人気が高まっています。今回は、パドルテニスのラケットを握る時の、正しいグリップを学ぶのに役立つさまざまなテクニックとヒントについて学びます。

パドルテニスをご存知ですか?

パドルテニスで使うラケットのグリップにはいくつかの方法があります。

正しいグリップとその種類を学ぶことで、パドルテニスの可能性を最大限に引き出すことができます。

バドルテニスには、10以上の異なるグリップがありますが、今回は大切な3つに焦点を当てます。お見逃しなく!

パドルテニスの基本グリップ

素晴らしいスポーツであるパドルテニスにおいて、一歩を踏み出したりボールを打つ時にラケットを握るグリップには様々な種類がある、という点を覚えておきましょう。

試合状況や自分が狙うボールの打ち方に合わせて、グリップを変更することができます。

ラケットの傾きによって、ボールへの打撃力が異なるため、プロの選手は、一つの試合で何度もグリップを変更することがあります。

パドルテニス:ラケットの基本グリップについて ラケットの握り方

ラケットの汎用性は進化していますが、ある程度練習をしてパドルテニスに慣れたら、次はラケットを握り方を変える方法とその可能性について学びましょう。

試合中にグリップを変更することができるようになると、ボールを打ち返す時に自分が望む打撃方法や力で打ち返すことができます。

こちらもご参照を:身体への効果が高い完成度の高いスポーツ5選

ラケットの持ち方

ラケットのグリップを学ぶ時に大切なのは、基本のグリップです。

誰かに、ラケットの幅の広い部分「ヘッド」を持ってもらいます。

相手からラケットを「握手をするように」受け取ります。

親指はグリップの片側に覆うようにおき、残りの指の4本は反対側でラケットを持ち、最後にすべての指を使ってラケットを握ります。

このグリップは基本の「コンチネンタル」と呼ばれる握り方で、初心者にとっては理想的な方法です。

手首を動かしてラケットの面を変えると怪我の危険性があるため、グリップに慣れてきたら打ち方にも注意を払う必要があります。

続きはこちらから:指の運動:ジャイロボールエクササイズ

快適さを感じることが大切

手首、手、指、さらには腕や肩まで、すべての体の部位が快適な状態でパドルテニスをプレーしてください。

無理な姿勢やフォームは、捻挫をはじめとする怪我につながる可能性があります。

最初は、グリップを変更しようとしないことをお勧めします。

前述のコンチネンタルグリップで、右(またはドライブ)または左(またはバックハンド)を打ちましょう。

基本のグリップを正しく取得しないと、新しいグリップを学ぶのがより困難になります。

基本のグリップを学んでしばらくすると、同じグリップを続けるのが退屈に感じるかもしれませんが、正しいグリップとフォームを取得してから、次の段階に進みましょう。

パドルテニス:ラケットの基本グリップについて 試合中

ラケットの基本グリップ:別の2つの方法

ここまでで説明したコンチネンタルグリップ以外の、フォアハンドとバックハンドのグリップをご紹介します。

テニスに様々なグリップがあるように、パドルテニスにも多くのグリップがあります。

今回は、前述の方法以外の2つの基本テクニックを説明します。

1. フォアハンド

フラットライトブロー、非常に低いボールへのバックハンドブロー、激しい打撃が可能なパワーショットなど、さまざまな状況で、イースタン・フォアハンドを使うことができます。

イースタン・グッリップは、ラケット面に右手を置いて、そのままグリップへと手をスライドします。

グリップまでスライドしたら、そのまま握ります。

2. バックハンド

テニスに由来するこの名前が付いていますが、パドルテニスの場合は左手の打撃のためだけに使うわけではありません。

パドルテニスにおけるバックハンドは、右ウイングへのショットを「受ける」ためにも使用できます。

非常に低いボールへの防御、バックハンドのフラットストローク、そしてスイングが良くない人に最適な「バイパーストライク」にバックハンドを使うことをお勧めします。

パドルを地面と平行に置き、親指で前方を指しながら手のひらをグリップの上においたら拳を閉じます。

反対の手で、ラケットを中央部に持ちます。