ダイエット食品とは?:低脂肪、低カロリーという言葉の裏側

12 5月, 2019
ダイエットに関連するさまざまな製品は大きく2つに分けることができます。食べてもカロリーが低いゆえ健康的な体重を維持することができるというもの、従来の食事と交換することで体重を減らすことができるというもの、という2種類です。

一般的なダイエット食品はカロリーが低く作られています。カロリーが高い成分の代わりに他の成分で置き換えて作られており、食事のカロリー摂取量を減らすのを助けることができる食品となっています。

こういったカロリーの低い食品は何らかの疾患のある人にとっても大きな助けになることがあります。また老若男女問わず必要なエネルギーを摂取でき、大人だけでなく子供や妊娠中の女性にでも役立つことがあります

砂糖の代替品について

砂糖はダイエット食品を製造するときに企業が最も代替品を利用する原料の1つです。

フルクトースは有名ですがステビアやアスパルテームなどの「ゼロカロリー」の人工甘味料もよく使われます。サッカリン酸ナトリウムは金属の後味がするという特徴を持っているために最近はあまり使われなくなりました。

ダイエット ダイエット食品    裏側

これらの人工甘味料はフェニルケトン尿症の人々にとって有害な性質を持つため、使用が限られており大量には使われません。また大量に摂取すると、消化管内に多量のガスが貯まったり、下痢などの消化器疾患を引き起こす可能性があります。

甘味料は低カロリーですが体内でインスリンの生産を活性化しますので、つまりは脳を欺くことになります。ですからダイエット時にこういったものを摂るときには十分に注意するようにしてください。

またもし食欲をおさえたいということであればこういったものはまったく役に立たず、むしろ逆効果です。食べた後に余計に空腹を感じてしまう結果を招くことになります。

しかしながら糖尿病などの疾患のある方には非常に有益であるといえるでしょう。

脂肪の代替品

ラベルに「低脂肪」と表示されている食品はたくさんあるため、これが消費者に対しての混乱を招くことがあります。

果たして本当に低脂肪なのでしょうか?多くの食品は製品自体のもともとの性質のために低脂肪であり、製造業者がそれを逆手にとって低脂肪とアピールしているだけにすぎない場合もあります。

カロリーが従来品よりも30%少なくなった場合、その食品は低脂肪と見なされます。 これらの食品は体重を減らすためだけでなく 、健康上の理由で脂肪の摂取量を制限したい、または制限しなければいけない人にとっても非常に有効的です。

ダイエット ダイエット食品    裏側

マーガリン、マヨネーズ、オイルなどのソースやドレッシングが多く含まれている食品はカロリーが高くなります。こういった食品のダイエットバージョンでは脂肪の含有量が減らされており、またそうでなければダイエット食品と呼ぶことができません。低脂肪の食品においては脱脂粉乳を使ったチーズや乳製品類が特に人気があります

また製造業者はこういった低脂肪食品を作るとき、低カロリーに仕上げるようにも努めなければなりません。カロリーが低く、なおかつ食品のおいしさが追及された食品を生産することには大変な企業努力が必要です。

したがって製造業者は食品の特性を維持するために、タンパク質、食物繊維、香味料などの材料をうまく組み合わせて生産しています。

タンパク質は脂肪として特に冷凍食品の代替品として使用され、また炭水化物の代替品としては増粘剤や食品安定剤が使用されています。

食品ラベルに記載してある脂肪の含有量とそれから得られるカロリー数を読み取ることが非常に大切です。

低脂肪と書いてあっても、それイコール、カロリーが低いという意味ではないということを理解しておきましょう。

食品ラベルを確認することの重要性

中には消費者の誤解を招くような記述を含む食品があるため、食品ラベルに関しては特に注意しなければなりません

  • ラベルに「ダイエット」という言葉が含まれている食品がありますが、従来のバージョンよりもカロリーが30パーセント低くないのにも関わらずそういったように記述してある場合があるので要注意です。
  • 「1人前」と書いてあっても企業側が考える「1人前」は消費者が考えるよりもより少なく見積もっている場合があるので、一見カロリーが低いように見せかけているだけの場合がありますからそこも注意が必要です。
  • また企業側が消費者に対してカロリー制限を仕向けるために、少ししか食べないことを推奨する場合もあります
  • 食品ラベルを見るときには必ず脂肪分だけでなくカロリーの数値も確認するようにしてください。