毎日食べよう!レモンが持つ健康への5つの効果

18 11月, 2019
私たちの健康に高い効果を発揮すると言われるレモンを毎日食べていますか? 今回の記事では、レモンを食べるべき5つの理由をご紹介します。レモンを食べる良いきっかけになるといいですね!

レモンを食べることは私たちの健康にとても有益です。

レモンに含まれる驚くべき特性と健康への効果を理解すれば、食生活にレモンを積極的に取り入れたくなるでしょう。

レモンを毎日の食事に取り入れるのは難しいと考える人もいるかもしれませんが、実はとても簡単です。

朝一番にレモン果汁を絞ってレモンウォーターを飲んだり、サラダのドレッシングや焼き魚にスライスをのせたり、レモン果汁をかける方法があります。

ここからはレモンを食べるべき理由と健康への効果をご紹介します。

レモンを食べるべき5つの理由

1. 消化機能を促進する

レモンに含まれるクエン酸の働きにより、消化機能を促進するのに役立つと言われています。

消化器系の問題にお悩みの方は、レモンを積極的に摂取しましょう。

消化機能を促進するだけでなく、胃の不快感や胃酸の逆流、腹部膨満などの問題を解消するのに役立ちます。

食べ過ぎたときにレモンは非常に役立ちます。

たとえば、家族や友人との食事で食べ過ぎた場合は、食後にレモン果汁とコップ1杯の水を混ぜたレモンウォーターを飲みましょう。

軽度の消化不良などは、解消される効果が期待できます。

2. 腎臓結石の解消

厄介な腎臓結石は、強い痛みを伴う健康上の問題です。

レモンウオーター レモンが持つ効果

腎臓結石を発症している人は、ほとんどの場合が不健康な食生活を送っていたり、十分な水分を摂取していないため、これらの点に注意してください。

ただし遺伝による場合もありますので、必ず医師の指示に従ってください。

レモンにはクエン酸が豊富に含まれているため、体内のビタミンC値が上昇し、腎臓結石を小さくして再発を防ぐのに役立つと考えられています。

3. 貧血の予防

鉄分が多く含まれているレモンを食べると、貧血の予防や緩和に役立ちます。

貧血は、特に栄養面に注意する必要があります。

もちろんレモンだけではなく、鉄分の多い食品を積極的に食べる必要があります。必ず医師や栄養士に相談して食事プランを立ててください。

レモンは、サラダのドレッシングとして酢の代わりに使う方法があります。

またオリーブと組み合わせても美味しいサラダが出来上がります。

4. 免疫システムの強化

免疫システムとは、感染症などの原因になる病原体に対する私たちの体の自然な防御力です。

健康を維持するためには、免疫システムが最善の状態である必要がありますし、健康な免疫システムを維持することで、有害な細菌やウイルスと体が戦うことができます。

風邪やインフルエンザの季節とされる秋や冬には特に、レモンが免疫システムの強化に役立つことを念頭に置いて、積極的に摂取しましょう。

またレモン以外にも、オレンジ、ニンニク、ショウガなどの食品がお勧めです。

免疫力 レモンが持つ効果

5. 気分を改善する

最後にご紹介するのは、私たちの精神面への効果です。

気分が落ち込んだり疲れている時には、食べ物が役立つことを覚えておきましょう。

レモンには、エネルギーを補給しながら気分を高める効果があります。

そのため、レモンを毎日の食生活に加えることで、体内にエネルギーを補給する効果が期待できるでしょう。

結論

今回ご紹介した方法は、軽度のケースにのみ効果が期待できるものであり、気分の落ち込みが改善されない場合や、健康問題の症状が深刻な場合は、必ず医師などの専門家に相談してください。

また、レモンを摂取することで、これまでに経験したことのない症状が現れた場合も、同様に医師の診察を受けてください。

  • Steven Dowshen. (2009). El sistema Inmunologico. KidsHealth.
  • Fundación Española de Nutrición. Lemon, Citrus limón. http://www.fen.org.es/mercadoFen/pdfs/limon.pdf