自宅で行う縄跳び

4 6月, 2019
ジムに行かずワークアウトを行いたい場合、自宅での縄跳びは良い選択肢になります。本記事で詳しく見ていきましょう。

しばしば、忙しい日々を過ごしていると、ジムへ行ったり時間をとって運動するということが難しいことがあります。しかし、自宅で行う縄跳びが良い選択肢になることをご存知でしょうか。必要なものは跳び縄だけです。自宅での縄跳びを始めて、体を引き締めましょう。

縄跳びをすることで骨や筋肉に大変なメリットが得られます。またカロリー燃焼にも役立ちます。

結果を確実なものにする

しかし、体に変化をもたらしたいと考えるのであれば、適切な食事をとることもしなければなりません。簡単に言うと、1日に燃焼するカロリーよりも低いカロリーを食べる必要があります。

さらには、バランスのとれた食事と定期的なエクササイズをしっかりと行うことがカロリー燃焼のベストな方法です。何よりもまずは、自宅でワークアウトを行わないための言い訳を作らないことです。たとえ天気が良くなく、仕事が多いとしても、ハードなワークアウトに必要なものは跳び縄だけです。

自宅で縄跳び

縄跳びである理由

子どもの頃から縄跳びをやってきていない人のために、知っておくべきことを全てお伝えします。

最初のポイントは、自分の身長にあった跳び縄を見つけることです。そのために、片足で縄の真ん中を踏み、持ち手部分を上げていきます。このとき脇よりも高くならないようにしましょう。

そして、実際に縄跳びをするときは、足を床から数センチだけ上げるようにします。それだけで縄が足の下を通るのに十分なスペースができます。またこの時、足の床につく部分はつま先だけです。

縄を回す時には肘を体の横に固定し、肩は使わず、手首と前腕部のみを使うようにします。疲れてきたら、縄を置いても構いません。しかし腕と足は動かし続けましょう。数回のセッションをこなせば、全身のワークアウトになります。

自宅での縄跳びと楽しみながらカロリーを燃焼すること

縄跳びはとても経済的であり、ジムに行きたくない時に、心拍数を上げるのに効果のある方法です。実際、ジムのメンバーシップや器具に多くのお金を払う必要もなく、楽しみながらカロリーを燃焼できるエクササイズです。また必要とされる筋肉の連動性を向上させるというメリットもあります。

自宅で行うエクササイズ 縄跳び

縄跳びは高強度の有酸素運動であり、しっかりと取り組むことで代謝速度を上げることにつながります。また筋肉の連動性向上に加え、脚部や腹部、肩、背中といった部分の引き締めも期待できます。縄跳びは健康レベルや体のパフォーマンスの改善を望む人にとって理想的なものとなります。

縄跳びはハードであり筋肉や骨の強さを強化することのできる、ハイインパクト(衝撃の大きい)エクササイズです。体への衝撃を低く抑えたい場合は、ジャンプの高さをなるべく低く保つようにしましょう。また体重を左右に移動させながら行うこともできます。いずれにせよ足を床から離すのは数センチだけにしましょう。

食事の重要性

縄跳びは高強度のエクササイズであると覚えておきましょう。そしてインターバルを挟みながら、ローインパクト(衝撃の小さい)エクササイズと組み合わせるとより良いでしょう。また、エクササイズルーティーンのため心拍数を上昇させるウォーミングアップとしても使えます。

最後に、最も効果的に体重を落とす方法は、日々の摂取カロリーを減らし、有酸素運動をルーティーンに加えることです。そして、自宅で行う縄跳びもまた最も快適で効果のあるカロリー燃焼方法の一つです。多くの時間は必要とせず、家から出る必要もない点でも素晴らしい選択肢とない得るのではないでしょうか。1日数分の縄跳びで十分に体重を落とすことができ、体型を維持できるでしょう。

  • Hassanzadeh-Taheri, M., Moodi, H., Kazemi, T., Hosseini, M., Akbari, A., Doostabadi, M., & Fatemi, S. (2017). Effect of functional (aerobic) exercises on chest wall expansion and respiratory volumes in high school students. Annals of Tropical Medicine and Public Health. https://doi.org/10.4103/ATMPH.ATMPH_203_17
  • Trecroci, A., Cavaggioni, L., Caccia, R., & Alberti, G. (2015). Jump rope training: Balance and motor coordination in preadolescent soccer players. Journal of Sports Science and Medicine.
  • Makaruk, H. (2013).  Acute Effects of Rope Jumping, Warm-up on Power And Jumping Ability in Track and Field Athletes. Polish Journal of Sport and Tourism. https://doi.org/10.2478/pjst-2013-0018