ジャズダンサーの柔軟性と食事法

25 9月, 2019
美しいスタイルや外観の維持に加えて、ジャズダンサーにとっては関節の健康維持が不可欠です。これは正しいトレーニング方法に加えて、ある特定の栄養素を積極的に摂取するバランスのとれた健康的な食事法が重要な役割を果たします。

柔軟性とバランスの取れた食事は、ジャズダンサーを含むスポーツ選手の生活に不可欠な要素です。

体型の維持が大切なジャズダンサーですが、関節と筋肉を正しくケアすることは、見た目よりも重要な鍵を握ります。

関節と筋肉のケアに欠かせないのは、正しいトレーニングと慎重に計画された食生活の維持です。

バランスの取れた食事は、私たち全員の健康全般に大切なことはよく知られています。

ジャズダンスを専門に行っている人の場合は、柔軟性と体力を向上させるために、ある特定の栄養素を摂取することが大切です。

微量栄養素に焦点を合わせた食事は、ダンスに必要な体を作るのに役立つため、より多くのメリットを享受できます。

可動域を高めるための柔軟性と食事法

弾力性、最適な開脚、そして頸椎の強さは、プロのジャズダンサーに必要な能力の一部です。

自分の体を鍛えることは、ダンスによって得られる能力とは別のものです。

ジャズダンサーは筋肉が引き締まる時に、筋肉がつきすぎてしまうことを心配する傾向があります。

体型維持が必要なジャズダンサーは、体脂肪をコントロールして体型を維持することが最優先事項の一つなので、筋肉を鍛える時にも細心の注意と最適なプログラムが必要になります。

また、ジャズダンサーに必要な柔軟性と食生活には密接な関わりがあり、健康的でバランスの良い食生活の中で、ジャズダンサーが健康を維持しながら最善のパフォーマンスできるようなビタミンとミネラルを十分に摂取することが大切です。

例えば、十分なタンパク質を摂取しないと、体内の結合組織が弱くなり、ある特定の動きをする際に怪我をする恐れがあります。

そのため、ジャズダンサーの食事は、身体のニーズに応じたもの、特にたんぱく質と必須栄養素を必要量摂取することで、柔軟性が高まり、体内組織を強化することで、最善のパフォーマンスを行うのに役立つでしょう。

体型を維持するために食事をほとんどしない場合は、体内が飢餓状態になり、怪我などのリスクが高まります。

ご注意ください。

ジャズダンサーに不可欠な健康な食事

ジャズダンサー向けトレーニングの秘密

一般的なダンスやジャズダンスの振り付けを目にすると、ダンサーが全身を動かしていることがすぐにわかります。

それでは、ダンサーはどのように柔軟性を身につけているのでしょうか?

柔軟性を高めるための秘訣は、ボディービルルーチンと関節を強化するエクササイズです。

ダンサーの毎日のトレーニングには、フィットネスルーチン、ヨガ、ピラティス、そしてさまざまなボディワークの分野まで。バラエティー豊かに行うことが大切です。

筋力は、ダンスをするときの持久力と姿勢に不可欠です。

 

エクササイズの種類

筋収縮運動を中心とする筋力トレーニング、つまり静的な筋肉を動かすアイソメトリックエクササイズがあります。

脚や腕を高く上げて維持することで、筋肉に直接働きかけます。

前述したように、激しく筋肉が収縮するアイソメトリックエクササイズを行った後は、ストレッチが欠かせません。

その一方で、カリセニクスエクササイズと呼ばれる自重を使ったトレーニングは、さまざまな筋肉群を鍛えます。

その中にはスクワットなども含まれますが、ジャズダンサーのためにプログラムされた運動の場合は、バレエなどのステップに従ったワークアウトを行うと言う点が一般的な自重運動とは異なります。

 

食品と栄養素

どのトレーニング段階においても、栄養豊富な食品の摂取が不可欠です。

ステージの上でパフォーマンスを行うときだけでなく、普段のトレーニングを行う上でも、バランス、柔軟性、そして持久力が必要です。

そのためには、筋繊維を修復しながらその成長を助ける食事法を維持することが大切です。

ジャズダンサーに必要な栄養素

「私たちが食べるものが私たちを作る」という有名な言葉は、ジャズダンサーにとっては特にぴったりと当てはまります。

ジャズダンサーの食事法においては、上半身や腕、そして脚などの下半身を鍛えるだけではなく、ナッツや全粒穀物などの神経の発達を刺激する食品が、正しい姿勢を維持するのに役立ちます。

さらに適切な水分補給は、引き締まった筋肉と関節の柔軟性を維持するためにも大切です。

アルコール飲料の摂取と喫煙は絶対に避けてください。

トレーニングルーチンの一部として有酸素運動を行う場合には、野菜、果物、そして健康的な飲み物を適切に摂取しないと成功しません。

さらにトレーニングルーチンを行うときには、健康的で栄養価の高いスナックを摂取することで、適切に影響を補給してください。

ジャズダンサーにとって、柔軟性と食生活は密接な関わりがあります。

筋肉量を維持することにより、体内組織の再生を行いながら、関節を最善の状態で動かすことができるでしょう。

自分では何を食べたらいいのかわからない場合は、医師や専門家に相談することをお勧めします。

可能であれば、スポーツの分野に詳しい栄養士や専門家に相談するのが良い方法です。