ジム好きのあなたへ:ヘアケアのヒント4選

10 11月, 2019
ジムが大好きなあなたにお勧めの髪のお手入れ方法をご紹介します。ジムで運動することが多い人が活用できる4つのヒントを学びましょう。

運動をすると多くの人が汗をかくのは普通のことですが、長時間にわたって汗が髪に残っていると頭皮や髪に大きなダメージを与える可能性があります。

そのため、ジムによく行く人や、ジムで過ごす時間が長い人にお勧めのヘアケアをご紹介します。

毎日ジムで運動しても、髪を健康で美しく維持するための方法です。

厳しいトレーニングを行うと同時に、これらのヒントに従ってきれいな髪を保ちましょう!

ジム好きにお勧めのヘアケアのヒント

1. トレーニング前のドライシャンプー

最初のトリックは、ワークアウト前のドライシャンプーです。

これは、私たちの運動と同じように、トレーニングの前に髪を「ウォームアップ」する効果があります。

特に、運動した後に髪を洗う時間がない人は、運動前のドライシャンプーをお試しください。

また運動前にドライシャンプーを使う場合は、髪だけでなく、首のうなじの部分にも少し塗布してください。

ここは汗がたまりやすい場所なので、ここにドライシャンプーを塗布しておくと、汗をかいた瞬間に水分をより吸収し、運動中を通じて汗を適度に吸収する効果が期待できます。

 

ジム好きのあなたへ:ヘアケアのヒント4選 ドライシャンプー

ドライシャンプーを使うことで、髪を通常よりも乾燥した状態に保つ効果があります。

また、運動のたびに髪を洗っている場合は、洗髪により髪が乾燥してしまうかもしれませんが、ドライシャンプーを使えば、髪の過度な乾燥を予防する効果も期待できるでしょう。

2. 髪を乾かす

熱は髪の水分を吸収します。時間がある場合は、シャワーを浴びて服を着た後に髪を自然乾燥させてください。

この間にお化粧などを行いましょう。

自然乾燥をする時間がない場合は、70%程度まで乾くのを待った後、ヘアドライヤーの冷風で乾かしてください。

3. 運動用の髪留めとヘッドバンド

運動用のヘッドバンドや髪留めが多く販売されています。

より柔らかく運動に適しているだけでなく、髪にダメージを与えるのを防ぐ効果も期待できるため、ぜひ運動用のヘッドバンドや髪留めを使用しましょう。

水分を吸収する効果のある生地を使ったヘッドバンドもお勧めです。

4. 硫酸塩が含まれていないシャンプーを使う

最後にご紹介するヒントは、硫酸塩が含まれていないシャンプーを使用することです。

ジムで汗をかいて毎日髪を洗う人がほとんどなので、毎日使用できる髪と頭皮に優しい製品を使用することが大切です。

ジムの運動による汗を髪と頭皮から取り除きながら、ヘアケアを行う時には、硫酸塩を含まない保湿効果のあるシャンプーを使ってください。

その後、少量のオイルで髪と頭皮を修復してください。

 

ジム好きのあなたへ:ヘアケアのヒント4選 美しい髪の維持

ジムに行く人のためのヘアケアのヒント:結論

汗が髪や頭皮に長時間付着した状態でいると、皮膚にバクテリアなどが蓄積する原因となります。

肌荒れやニキビをはじめとする頭皮や肌のダメージを引き起こすリスクがあるため、注意してください。

ワークアウトを楽しみながら、美しい髪を維持してくださいね!