食後に膨満感を感じていませんか?

23 3月, 2020
食後の膨満感は、その後の予定に影響を与えたり不快な気分になる迷惑な状態です。中には食後の膨満感に慣れてしまった人もいるかもしれませんが、実はこれは「自然」な状態ではありません。今回の記事では、膨満感の解決策をご紹介します!

食後も膨満感が一般的で正常な状態だと感じている人もいるかもしれませんが、実はまったく自然な状態ではありません。

日常的に食後に膨満感が起こる場合は、体内で問題が生じている兆候かもしれません。

腹部不快感は、生理学的な要因が原因となっており、多くの場合は、食生活の乱れや不健康なライフスタイルによります。

質の悪い食品を食べた場合に、膨満感が現れることがあります。

早食い

食事をするときは、体が必要とする時間をゆっくりととることが重要です。

朝食、昼食、夕食のいずれであっても、時間をかけずに早く食べると私たちの体に悪影響を及ぼす可能性があります。

食後に膨満感を感じていませんか? 早食い

急いで食べると、十分に食べ物を噛まずに胃に送ります。

これにより、消化酵素が食物に付着しにくくなり、体内での消化を難しくします。

これが、腹部にガスがたまる膨満感の原因となります。

また、あまりにも早く食べ物を食べると、消化器官に空気を入れることになり、胃への過剰な空気がさらなる不快感を生み出すでしょう。

また、私たちが満腹だと感じるまでには20分かかるため、早食いをすると必要以上に多くの食べ物を体内に送ることになります。

脳が「胃がいっぱいになった」というメッセージを最終的に受信した時には、すでに胃の中には過剰な食品が送られており、この余分な食べ物のためのスペースを作るために、腹壁が拡大しなければなりません。

炭酸飲料

炭酸飲料を飲むと腹部の膨満感が起こる理由を理解するのは難しくありません。

炭酸飲料にはガスが含まれており、胃に到達したときに液体がガスを放出します。

この二酸化炭素は他の食物に蓄積され、消化が難しくなり、最終的に腹部の膨満感へとつながります。

食後に膨満感を感じていませんか? 炭酸飲料

炭酸飲料による膨満感は、食事中に炭酸飲料を飲むとさらに重くなる傾向があります。

ただし、食事の時間以外に飲むのがいいというわけではありません。飲む時間に関わらず炭酸飲料は膨満感の原因となります。

食事中に炭酸飲料やビールを飲む代わりに、適量の水やワインに置き換えるのが良い選択でしょう。

食物繊維不足

毎日の食事には、1日に必要な栄養素をバランスよく摂取する必要があります。

食物繊維が不足すると、便秘(腹部膨満感を伴う傾向がある)を引き起こす可能性があるのは事実です。

一方、過剰な食物繊維の摂取が逆効果になる可能性があります。

食物繊維不足は、食生活を根本的に変えようとする人々に影響を与える傾向があります。

毎日の食生活において、食物繊維の摂取量を増やすときは徐々に増やしてください。

突然食物繊維の摂取量を増やすと、最終的に腸の炎症を引き起こす危険があります。

一部の食品への不耐性

食後の膨満感は、特定の食品への不耐性の典型的な症状の1つである可能性があります。

不耐性を引き起こしやすい食品は、グルテン、乳糖、果糖がありますが、魚介類や果物の皮への反応として膨満感が現れることもあります。

食後に膨満感を感じていませんか? 乳糖不耐性

腸の不快感が唯一の症状である場合は、軽度のアレルギーの可能性を疑う医師もいます。

大切なのは、不快感や膨満感が現れる食品の摂取を避けることです。

揚げ物

揚げ物は人気の食べ物で、フライドポテトは世界中で人気があります。

しかし、「揚げ物が美味しい」以外の利点を主張する専門家はいません。

揚げ物は調理段階で、多くの油を吸収します。

その結果、胃が揚げ物を消化するのに時間がかかり、消化管内で発酵することで膨満感の原因となります。

ストレス

ここまででご紹介した要因に加えて、ストレスが食後の膨満感を引き起こすことがあります。

負の感情に流されてストレスを溜めないように、出来るだけストレスを解消する方法を実践したり、ストレスの原因を避けるようにしてください。

これは、食後の膨満感を避けるためのアドバイスの一つです。

また、ストレスにより、早食いをしたり質の悪い食品を大量に食べる過食が起こることもあります。

その結果、食べ物を十分に噛むことができず、膨満感が起こるかもしれません。

正しい消化は口から始まります。食べ物をしっかりと噛んで味わい、適量を食べるようにしましょう。