たるみ:食事と運動を通じて解消する方法

27 5月, 2019
中年期に入ると現れる体のたるみは、栄養不足などの食生活の乱れや座りがちなライフスタイルが主な原因です。食生活を改善しながら基本的な運動を実践することでたるみを解消するように努力しましょう。

年齢を重ねるとともに、皮膚のハリや硬さを維持する機能を担うコラーゲンエラスチンの量が不足し、皮膚のハリや硬さを失う原因となります。。

これは女性やある特定の年齢層の人によく起こることで、たるみの影響を受けやすい場所は、腕の内側、太ももの内側、そして臀部です。

今回の記事では、たるみに効果的に働きかける方法をご紹介しましょう。

エクササイズ

バランスのとれた健康的な食生活の維持に加えて、継続した運動を行うことで、体力と持久力を保持することができます。1週間に合計で1時間半程度の時間で十分でしょう。

太もものエクササイズ

  • 足を開いた状態で立ち、体重を片側から反対側に移動させます。
  • 好きな音楽に合わせて動くと、楽しく行うことができます。

腕のエクササイズ

  • 両手を体の横に置いて立ちます。
  • 膝を軽く曲げた状態で、2~3kgのダンベルをそれぞれの手に持ちます。
  • 両手をまっすぐ体の前に伸ばします。肘が肩の高さになったところで止めます。
  • 呼吸をしながら、ゆっくりと腕を下に下げてください。

水分補給と紫外線予防

水分補給は、皮膚のハリや硬さを維持するのに役立つコラーゲンの減少を予防するのに効果があります。

コラーゲンを失うもう一つの理由が紫外線です。そのため、必ず日焼け止めを塗布するだけでなく、太陽の光に当たる時間を制限することが大切です。

日焼け止めを塗った足 たるみ解消

タンパク質と抗酸化物質の摂取

前述したように、バランスの取れた食生活の維持はとても大切です。

体重を減らそうと頑張っているときに、食事を抜くなどの間違った食事療法を行うと、脂肪を減らそうとしていても筋肉が落ちてしまうなどの悪影響が現れます。

これは正しい食生活で体が必要とする栄養を補給していないからであり、筋肉を失うことはたるみの原因ともなります。

卵、鶏肉、鮭、そしてアーモンドなどのタンパク質が豊富な食品を適量食べましょう。

1日に必要なタンパク質の量は、運動量や年齢をはじめとする様々な要因によって異なるため、栄養士などの専門家に相談することをお勧めします。

抗酸化物質は、肌のハリや輝きを取り戻して若返らせる効果があるため、たるみにもおすすめです。

リンゴ、柑橘系果物、赤い色の果物、そしてキュウリなどの抗酸化物質を食べてください。

悪い生活習慣をやめる

喫煙、体に悪い脂肪や精製された炭水化物が含まれた食品や加工食品の摂取、過度の飲酒、そして座りがちな毎日など、乱れた生活などの特定の生活習慣を改善することで、たるみの予防に役立ちます。

ウイスキー たるみ解消

氷を使ったたるみの解消法

氷を使って肌を引き締め、皮膚のたるみを解消するのに役立つ氷を使った方法があります。

  • 氷が皮膚に直接触れないように布なので氷を包みます。
  • ゆっくりと軽く押すように、脇の下などのたるみが気になる場所に氷を当てます。
  • 円を描くように優しくマッサージを行なってください。
  • 1日5分間このマッサージをすると、たるみの解消に役立ちます。

フラックスシードを使った方法

フラックスシードを使ったマッサージが、たるみを解消に役立ちます。

材料

  • フラックスシード  20 g
  • お湯 40g
  • お好みのエッセンシャルオイル 2滴

使用方法

  • フラックスシードをつぶします。
  • 温めて湯になったら、つぶしたフラックスシードを加えてペースト状にします。
  • 最後にエッセンシャルオイルを加えたら出来上がりです。
  • 必要量を取り、脇の下などのたるみが気になる場所に塗布してください。
  • プラスチックのラップで脇を覆います。
  • 15分が経過したらたっぷりの温水で洗い流してください。
  • 週に2回繰り返してください。

今回ご紹介した、たるみの予防や解消に効果のある方法をぜひお試しください。

たるみが現れたらすぐに対処することが大切です。