ランニングを習慣にして持久力をつけてみませんか?

30 8月, 2019
ランニングには、心血管系の病気を発症するリスクを軽減し、脂肪燃焼効果を高めて筋肉を引き締める効果があることが証明されています。またランニングを通じて持久力を強化するというボーナスもあります!

少し走っただけで息が切れることはありませんか?

縄跳びを数分行うだけで、心臓が破裂しそうに感じることがありませんか?

このような場合に必要なのは持久力の強化です

今回は、持久力を構築する即効性のある方法をご紹介します。持久力とは、身体活動をできるだけ長く実行するために必要な基本的な力です。

持久力があるおかげで、階段の上り下りや長距離のウォーキングなどの連続的な動きが可能になります。長時間の運動が続かない人に必要なのは持久力です。

ランニングは体のすべての部分を使う運動であり、ランニングスタイルやフォームには個人差がありますが、一般的にはランジ運動の動きのように両足を交互に踏み出すことで、体を前方に動かすのがランニングの基本的な動作です。

こちらもご参考に:ランニング後の間違い:気を付けたいポイント5つ

ランニングで持久力を構築するために

ランニングは持久力を構築するための素晴らしい方法ですが、継続的に走る場合にだけその効果を発揮します。

つまり、持久力の強化は1回のランニングで得られるものではなく、継続してランニングを続けることで取得し、維持できる力です。

ランニングをする習慣をつける ランニング 持久力

持久力をできる限りすばやく構築したい時には、一貫性と責任を持ってランニングを継続する必要があります。

最初は毎日午後に走っていたのに、数週間で走るのをやめてしまえば、ランニングは持久力の構築には役立ちません。

またしばらくして走り始めたとしても、それまで構築しようとしていた持久力はすでに失われているため、ゼロからのスタートになります。

一貫性

ランニングを継続するという一貫性以外にも、走るときのスピードや距離などに「一貫性」を持つことが大切です。

つまり、走る速度を一定に保つためのペースを維持する必要があります。

自分の走る距離、また走ることができる距離を認識し、走る時間全体を通じて一定のペースを保ちましょう。

持久力の構築には、一定のペースで走ることが大切であり、ペースをコントロールできなかったり、普段よりも長い距離に挑戦して疲れたからペースを落とすなどの一貫性のない走り方は持久力の構築には役立ちません。

もちろん、持久力を強化するためには、徐々に走る距離を伸ばしたり、ペースを少しずつあげることが大切ですが、持久力のない時点で距離を伸ばそうとしたりペースを上げると、筋肉や呼吸器系を圧倒して怪我の原因になるなど時間を無駄にする可能性があります。

最初は、自分の許容範囲内のルートから始めて、時間とともに距離を増やします。

時間をかけて徐々に距離を伸ばしてペースを上げることで、持久力を迅速にそして効果的に構築することができるでしょう。

呼吸をコントロール

持久力を構築するための重要な要素は、正しく呼吸をコントロールする方法を学ぶことです。

呼吸の方法が間違っていると、疲れやすくなり運動に影響を及ぼします。

つまり、ランニング中の呼吸が間違っていると持久力が低下します。

前述したような一貫したペースを維持することに集中しながら、呼吸を安定させてください。

正しい呼吸は鼻から行い、口からは行わないようにしてください。

持久力をつけるための呼吸法 ランニング 持久力

体内にエネルギーを補給する

体内のエネルギーレベルは、長時間運動を行うときの持久力と深い関わりがあります。

体内に十分なエネルギーがあり、高いエネルギーレベルを維持することで、持久力をすばやく構築するのに役立つため、逆に十分なエネルギーがないと、持久力を必要とする長時間の動きをやり遂げる力が生まれません。

私たちの体は、エネルギーを生成するためにグルコースを含む特定の食物を必要とし、代謝によってグルコースをエネルギーに変換し、脳と体が日々の仕事や活動を行います。

ランニング前に最適な食べ物は、バナナ、オート麦、ナッツ、ほうれん草です。

ランニングは私たちにとって素晴らしい運動で、私たちの体を健康にするだけでなく、持久力をすばやく高めることができます。

持久力を構築することで、日々の雑用やさまざまな運動を行うときに役立ち、運動を行うときに必要な運動能力と同じくらい重要です。

あらゆる種類の運動を行うために必要となる運動能力と同じくらい持久力は重要です。

今日からランニングを始めて、持久力を構築しましょう!