心肺持久力と健康を改善する方法

24 3月, 2020
心血管系の健康と心肺持久力を改善したい場合、今回の記事をぜひご覧ください。ここでご紹介するいくつかのアドバイスは、心肺機能と健康の向上に役立つでしょう。

有酸素運動は、私たちの心身の健康維持に必要不可欠です。

有酸素運動がカロリーの消費や減量に役立つことはよく知られていますが、実は心肺機能を良好な状態に保つのにも役立ちます。

今回は、心血管系の健康や、心肺持久力の改善や向上に役立つアドバイスをご紹介します。

有酸素運動を行うと心拍数が上がるため、大量の酸素が必要となり、より多くの呼吸が必要となります。

この過程でより多くのカロリーが消費されます。

有酸素運動の唯一の問題は、このような効果が期待できるトレーニングレベルに達するのは簡単なことではないという点です。

有酸素運動を継続するためには持久力が必要であり、持久力を身につけるためには、循環系と呼吸器系が必要とするエネルギーを提供して、持続的な身体活動をサポートする必要があります。

今回の記事では、心肺機能と持久力の改善と向上を目指す人に役立つ、アドバイスをご紹介します。

より長い時間高いレベルでトレーニングを続けることを目指す人には、特にお勧めの記事です。

1-好きな有酸素運動を選ぶ

自分の目標を立ててトレーニングを行うときに考慮する必要があるのが「自分の好きな運動を選ぶ」ことです。

自分が好きではないことに長い時間と努力を費やす人はいません。

自分にとって最善の運動とは、自分が最も楽しみながら継続できる運動です。

運動を続ける中で毎日少しずつ進歩するためにも、自分の個人的な記録や運動レベルを少しずつあげていく意欲と意思が得られる運動を選んでください。

心肺持久力と健康を改善する方法 エアロバイク

ウォーキングは初心者にもお勧めの有酸素運動です。

特別なマシンは必要なく、どこでも始めることができます。

ウォーキング以外では、サイクリング、スイミング、ランニングなどの運動だけでなく、自宅での階段上り下り運動やダンスなど、あらゆるタイプの「連続して行う動き」が有酸素運動として効果を発揮します。

2-水分補給

わずかな脱水症状が、身体の運動能力に大きな影響を与える可能性があります。

運動を行う時には、適量の水分補給を欠かさないことが大切です。

運動時のパフォーマンスを最大化するため、つまり必要なトレーニングを最後まで行うためにも、トレーニング全体を通して水を少しずつ飲む必要があります。

自分の体からの声に耳を傾けることは、心血管系の健康維持や改善、そして心肺持久力の向上を目指す時に最も重要な鍵の一つになります。

3-難易度を段階的に上げる

運動時間が30分に達するまで、毎週数分ずつトレーニング時間を増やします。

30分は短く感じるかもしれませんが、徐々にトレーニング時間を増やすことが大切です。

最初から無理をして怪我をしたり疲れてしまうよりは、難易度や強度、そして運動時間を徐々にあげることをお勧めします。

心肺持久力と健康を改善する方法 ランニング

心肺持久力の改善や向上を目指す時の、ランニングやウォーキングの距離、そして運動のペースについては、あまり心配するべきではありません。

最初の数週間は、運動そのものに集中して、正しいフォームで最後まで行うことが大切です。

数週間後、体が運動に慣れて正しいフォームを習得したら、運動をする日数を増やすか、ペースをあげるなどでルーチンに変更を加えましょう。

運動レベルをあげる別の方法は、新しい運動を加えるなどの方法で運動強度を増やしたり、総トレーニング時間を増やすことです。

4-炭水化物を食事から除かない

炭水化物は、運動に欠かせない重要な栄養素です。

健康を維持や運動時のパフォーマンスを改善したい場合には、食事に健康的な炭水化物を取り入れることが大切です。

特に目標が持久力の向上である場合は、炭水化物が体の主要な燃料源となるため、生産的なペースをより長く保つことができます。

炭水化物は、必要量を正しく健康的な食品から摂取する必要があります。

つまり、トレーニングの種類に合わせて正しい量を計算して調整する必要があります。

炭水化物はトレーニング中にエネルギーを増やす燃料であるため、トレーニング中に正しく使用されれば、体脂肪として体内に蓄積される可能性は低くなります。

5-インターバルトレーニング

インターバルトレーニングが減量に最適であることは、よく知られています。

減量効果に加えて、インターバルトレーニングには、持久力を高め、心臓により多くの血液を送り込む効果があることも覚えておく必要があります。

つまり、インターバルトレーニングには心肺持久力を向上させる効果があります。

エリプティカル

心臓がより多くの血液を送り出すと、運動ごとに多くの酸素が筋肉に送られます。

ただし、インターバルトレーニングを行うのは、1回20分、週に2~3回を目安にしてください。

今回のアドバイスを実践すれば、心肺持久力を徐々に改善して向上させるでしょう。

大切なのは、忍耐強くやる気を持ち続けることです。

あなたが自分で設定した目標を達成できることを、私たちは確信しています!