エコ食品について:より良いライフスタイルのために

5 8月, 2019
エコ食品を手に入れたいとき、専門店にいったりスーパーに並んでいる商品の食品ラベルを見て判断してから購入します。近年ではこういった動きは食品の味がおいしいかどうかといっただけの理由にとどまらず、一般的なライフスタイルになりつつあります。

多くの人々がますます環境に優しい製品を日常に取り入れてヘルシーな食生活を送り始めています。ですからそういった生活に必要な商品はスーパーでも売れ行きがよくなっているといいます。

ではエコ食品と呼ばれるものは実際どういったものなのでしょうか?どのような基準でそう呼ばれ、どこを見れば判断できるのでしょうか?この記事ではそういった疑問に加え、食品がどのように育てられてどういった工程を経ているのかといった内容を見ていきたいと思います。

エコ食品とは

エコ食品は農薬などといった化学製品なしで栽培されている食品です。種まきから収穫までの全ての過程が昔ながらのやり方で行われています。

エコ食品

エコ食品は通常の食べ物よりも高価であり、形が不揃いであったりと見た目が美しくない場合があります。それにも関わらずますます多くの人々がこういった種類の食品を購入し、一回購入すると多くの場合はリピーターになるといわれています。

エコ食品は従来の食品と比較すると素材の味が強く、栄養分も高くなっています

エコ食品であるかを判別する方法

もしエコ食品を食生活に取り入れたいと思っているなら、どうやってそれを判別すればいいのかがわかっていないといけません。商品の販売文句や店頭のポップ広告に書いてあるものを鵜呑みにしてはいけないのです。エコに関連する製品は通常以下の項目に1つ以上当てはまっている必要があります。

  • EUオーガニックロゴ

このシールは主にヨーロッパで使用されています。グループ化されてエコ食品を標準化する方法であり、食品にこのロゴが表示されている場合は農薬や遺伝子組み換え製品が使用されていないことを確認できます

  • エコラベル

このシールは非食品に使われ、家具、家電製品、電子機器、その他多くのアイテムで見かけることができます。製造業者が製品を作るためにリサイクルされた材料を使用しただけでなく環境を汚染しないプロセスをとっていることを証明しています

  • その他各国の農業規定によるもの

例えばスペインの環境保護製品には独自の印があり、その印がついていると食品製造プロセスがヨーロッパの法律の範囲内であることを示しています。

エコ食品の良さとは?

エコ食品は従来の物に比べると風味が強く味がいいのですが、価格が著しく高いことも事実です。ですから実際買うときには躊躇してしまうかもしれません。しかしながら価格とその内容を天秤にかけると、値段に見合った価値は十分にあります。それはエコ食品をライフスタイルの一部とすることで、環境にやさしくそして健康的な生活を送ることができるようになるということが約束されているからです。

エコ食品

エコ食品を食べることのメリットはただ単に個人の満足ではなく、社会全体のライフスタイルの向上につながります。以下にその理由をまとめてみました。

倫理的な側面

エコ食品においての肉や卵の場合、動物の幸福が考慮されます。農場では食肉用の動物であってもその生活の質に気を配り、従来の農場で飼われている動物よりもはるかに広いスペースを与え、可能な限り自由に生活させています。

汚染軽減

農薬などをはじめとした化学製品を使用しないことによって生産するときの汚染を抑えることができます。また地産地消を行うと輸送に関連する汚染も削減することができます

ヘルシー

エコ食品は従来品よりも味が良いのは確かです。また有機質肥料などの天然肥料を使用して丁寧に育てられて収穫されます。

経済への影響

普段摂取している食品の大部分はどこか遠くの土地で育ったものや輸入されたものであったりします。そしてこの事実は輸送過程を含み、農村地域の経済に悪影響を及ぼします。ですがエコ食品の多くは地元の農家で作られたものであるので、食べることによって農村の経済を促進するのにも役立ちます